ノザラシblog
   色々拘るタイプのようです
  >> ホーム
  >> RSS1.0
ahbon@アラキ
Author:ahbon@アラキ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
未分類(64)
日常(5)
旅行(5)
おっさん萌えの極み(7)
過去の記事
2013月11月 (1)
2013月09月 (2)
2013月08月 (2)
2013月07月 (3)
2011月06月 (2)
2010月10月 (1)
2010月08月 (3)
2010月06月 (1)
2010月04月 (1)
2009月12月 (1)
2009月08月 (2)
2009月06月 (2)
2009月04月 (1)
2009月01月 (2)
2008月12月 (1)
2008月11月 (2)
2008月09月 (1)
2008月08月 (1)
2008月07月 (3)
2008月05月 (2)
2008月04月 (2)
2008月03月 (1)
2008月02月 (1)
2008月01月 (2)
2007月11月 (2)
2007月09月 (2)
2007月08月 (1)
2007月07月 (1)
2007月06月 (1)
2007月05月 (1)
2006月12月 (2)
2006月10月 (4)
2006月09月 (2)
2006月08月 (1)
2006月06月 (2)
2006月05月 (1)
2006月04月 (2)
2006月03月 (2)
2006月02月 (3)
2006月01月 (3)
2005月11月 (1)
2005月09月 (1)
2005月08月 (5)
2005月07月 (4)
リンク
ノザラシ
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 あるなつのはなし
埴輪づくりの実験考古学 埴輪づくりの実験考古学
大学合同考古学シンポジウム実行委員会 (2006/05)
学生社

この商品の詳細を見る


バイト終わって家帰ってきたらこんなもんが送られてきてた

ものを作るにあたって、芸術と実用性というのは
非常に重要なファクターだよね
埴輪というのは大量生産品でありながら
非常に地域差があり、デザインも多種多様
大量の埴輪を一人で作ったにしちゃ数多すぎじゃね?
作業を分担したのか?
誰かが教えて作らせたのか?
はたまたどっかから持ってきた見本真似して作っちゃったのか

わかんねーなら
可能性があるやつかたっぱしから作って比較してみりゃなんかわかるんじゃね?
ということでいろんな大学の生徒集めて作りまくって考察してみたのが
この本です。きっと。まだ読んでないけど。たぶん。

民俗ゼミにいながら、考古ゼミにも片足突っ込んで
発掘やったり土器の修復やったりしてたため
私も作りまくらさせられたうちのひとり
2002年だからもう4年前・・・?!
高崎まで行って埴輪作って呑んで泊まって埴輪作って
ホテルの廊下の電気が切れてたり
ユニットバスの洗面台に蛆湧いてたり
酒残ったまま作った埴輪のほうがいい出来だったり
早稲田通って実測図書いたり
スゲー暑くて、そしてみんなが熱かった
懐かしいなあ
いい思い出です
スポンサーサイト

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/06/29(木) 23:41)

<<こうべでおにくおにく!! | ホーム | ぶんぐのはなし>>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nozarasi.blog10.fc2.com/tb.php/24-161a116f


最近のエントリー

はぎチラ萌え その3(11/10)
はぎチラ萌え その2(09/18)
はぎチラ萌え その1(09/15)
ひとりやすみ(08/10)
参乗合体(08/02)


最近のコメント

ahbon:(08/13)
岸田:(08/12)
ahbon@アラキ:Re: タイトルなし(11/14)
sNow:(11/05)
しず:(08/12)
ahbon:(08/28)
しず:業務連絡込み(08/22)


最近のトラックバック

街-NAVI:『南京町』について(04/04)
どーむの出張日記 (+ペンコレクション):プラチナ・プラチナ(07/21)
カトblog:Musical Baton(09/06)


copyright © 2005 ノザラシblog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。